建設産業界の日刊全国紙「建設通信新聞」

このブログの記事も、建設通信新聞が基本となっています。日本有数の建設専門クオリティーペーパーです。ぜひニュースサイトを訪ねてみて下さい。

まったく新しい建設情報サイト 「建設通信新聞Digital」

これまでの常識を覆す。建設関連情報統合サイトです。ニュースの全量配信、電子版、行政資料キャビネット、トップインタビューなど盛りだくさんの内容が詰まっています。

建設通信新聞社Facebook

言わずとしれたFacebook。ユーザー交流の場です。おたずね下さい。

建設通信新聞社発行の書籍群

建設通信新聞が発行している各種書籍です。『建設人ハンドブック2014年版 建築・土木界の時事解説』『建設業の安全衛生法令用語検索エンジン 用語の意味、適用条文、公示、告示、通達がわかる!』『建設業 社会保険未加入問題Q&A』などベストセラーも

建設工事の動きDigital

建設専門紙が本気でつくった工事データベース

2017/01/17

【清水建設】関西学院大学で「ボランティアアカデミー」開催 学生ら42人がスキルと心を学ぶ


 清水建設は14日、障害者スポーツのボランティア養成講座「シミズ ボランティアアカデミー」を関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス(兵庫県西宮市)で開催した。同社の社員とその家族38人、同大学の学生ら42人の計80人が参加し、障害者をサポートするためのスキルやパラスポーツの魅力を学んだ。

【どんと祭】宮城県で恒例の“裸参り” ことし一番の寒波の中、粛々と参拝


 宮城県の小正月の伝統行事「どんと祭」が14日、県内各地の神社などで行われた。写真は安藤ハザマ

【竹中工務店】昭和初期の名作住宅「聴竹居」を取得 地域と一体の利活用に


 竹中工務店は、1928年に建設された昭和初期を代表する木造住宅「聴竹居」(京都府大山崎町)を取得した=写真(撮影:古川泰造)。2019年に創立120周年を迎える同社の記念事業の一環。今後は大山崎町や地元住民と一層の連携・協力を図り、見学会、イベントなどの開催や同社グループ社員の研修などでの利活用、歴史的建築物の保存活用に関する研究など地域と一体となり建築文化の発信に取り組む。

【三機工業】上位10%入りの快挙! 「海獣戯画」が全国カレンダー展で銀賞


 三機工業が制作した2017年のカレンダーが、第68回全国カレンダー展(主催・日本印刷産業連合会、フジサンケイビジネスアイ)で、一般企業などを対象とする第1部門の銀賞を受賞した。企画・デザインなどに優れた作品を表彰するコンテストで、今回は約600点の応募があった。銀賞はそのうちの上位10%に贈られるという。

2017/01/16

【建築文化保存協会】最後には必ず模型が勝つ! KDaの2人が語る「あなたに見せたい秘密の模型」


 日本建築文化保存協会は11日、東京に拠点を置く建築家ユニット、クラインダイサムアーキテクツ(KDa)のアストリッド・クライン氏とマーク・ダイサム氏を招いて東京都品川区の寺田倉庫本社ビルで講演会を開いた。さまざまな角度から建築模型と建築文化の可能性を探る連続講演会の第6回となる。写真は右からクライン氏、久山氏、ダイサム氏

【常陽建設】UAV操縦を体験! 中央工学校生が鬼怒川緊急対策プロジェクト現場を見学


 常陽建設(茨城県取手市、飯田憲一社長)は12日、関東地方整備局下館河川事務所が発注した「H28若宮戸(下)低水護岸工事」(常総市、田口仁一現場代理人)で中央工学校の1年生約60人を対象に現場見学会を開いた。関東・東北豪雨で大きな被害を受けた常総市若宮戸で進む鬼怒川緊急対策プロジェクトの一環として行われている同工事を見学するとともに、UAV(無人航空機)の操縦などを体験した。

【赤レンガ建築賞】建築賞は旧道立文書館改修の「北菓楼札幌本館」 地域財産の保全目指す見識評価


 北海道建設部と建築関連5団体は、2016年度の赤レンガ建築賞を発表した。建築賞に「北菓楼札幌本館」=写真、奨励賞に「丘のまち交流館bi・yell(ビエール)」を選んだ。表彰式は31日午後3時から道庁赤れんが庁舎で行う。

【利根沼田テクノアカデミー】18年度に左官コースを開講! 担い手育成の確信得て拡大へ


 2016年4月に開校した短期育成型技能訓練校「利根沼田テクノアカデミー」(群馬県沼田市、桑原敏彦校長)が新たな展開を見せる--。17年度は大工と水道設備の各コース新設に伴い、4-6月に板金と大工、7-9月に瓦と水道設備の各コースを実施する。さらに18年度には左官コースの開講に向け、左官に携わる若手の有志が動き出した。写真は日本サインデザイン賞の最優秀賞パネルを持つ桑原校長(右)と関真一理事

2017/01/15

【JIA神奈川】シンポやデザインアワード開催! 「かながわ建築祭2017」@みなとみらい駅 2/24-26


 日本建築家協会関東甲信越支部神奈川地域会(JIA神奈川、飯田善彦代表)は2月24日から26日までの3日間、みなとみらい線馬車道駅コンコースなどで、第28回JIA神奈川建築WEEK「かながわ建築祭2017」を開く。「まちの楽しさ・面白さを考えよう」をテーマに、審査委員長に伊東豊雄氏を迎えた第1回JIA神奈川デザインアワードを始め、シンポジウム、茶室コンペ、卒業設計コンクールの公開審査など、さまざまなイベントを繰り広げる。

【大阪まちなみ賞】知事賞は『シマノ本社工場』、市長賞に『日本生命本店ビル群』


 大阪府と大阪市、大阪府建築士会、大阪府建築士事務所協会、日本建築家協会近畿支部、日本建築協会は、第36回大阪都市景観建築賞(大阪まちなみ賞)の受賞作品を発表した。大阪府知事賞には『シマノ本社工場』=写真(撮影:野田東徳)、大阪市長賞には『日本生命本店ビル群』を選定した。